御用達(ごようたつ、ごようたし、ごようだち)とは、江戸時代に、幕府大名旗本公家寺社などに立入あるいは出入する特権的な御用商人の格式のひとつ。また、近代以降においては、皇室王室等からの取引指定を受けて物品等を納めること。「御用達」の指定を受けることは、皇室や王室が間接的に企業の信頼性や製品品質を保証することを意味し、指定を受けた企業や製品は高いステータスを持つことになる。(Wikipedia)

​以上の意味より、一休寺が好んでセレクトした一品。お寺の売店にて販売するものものあり。

奥西緑芳園

抹茶銘 酬恩

​お寺で使用しているお抹茶。奥西緑芳園は京田辺の中でもお抹茶を専門とする。鎌倉円覚寺や鶴岡八幡宮、また吉兆嵐山店でも使用されている。

鶴屋吉信

一休寺

和菓子の世界では大徳寺納豆を使用した菓子は多い。その中でも麦焦がしの落雁に合わせたこちらのお菓子は一休寺なの銘で

人気の商品。今出川本店とお寺でしか

​購入することが出来ない。

​merucilavie

もくもくじ

​一休寺納豆を使用した菓子は和菓子だけではない。こちらはブールドネージュを基本として一休寺納豆を練りこみ焼いたクッキー。お抹茶だけでなくコーヒーにもよく合う。一休寺納豆を日常のおやつに

feel the zen×トミヤマ

柿渋ザフ

​mohanが手掛けるfeel the zenは曹洞宗の坐禅用座布団である坐蒲を現代にアレンジして「私たちの日常に禅を」をコンセプトとして展開。こちらは柿渋のトミヤマの染料で染めた生地を使用。使えば使うほどその風合いが増す。オリジナルの坐蒲。

柿渋ザフ実物 (1).jpg

common bridge

暖簾(染色)

COMMON BRIDGEは京都を拠点に、日本の伝統的な染め技術”引き染め”というものを主に使いながら、日本の文化を伝えるだけでなく、 新たな染めの可能性を見つける事をコンセプトに、テキスタイルデザイン・オリジナルプロダクトの製作を行う。

​庫裡の暖簾は一休寺のために制作されたオリジナル。

moga

人形作家

京都精華大学デザイナー学科卒業、某文具メーヵー勤務(主にキャラクターグッズデザイン担当)退社後、神戸ギャラリーVieにてイラストを学ぶ出産後初個展、イベント参加

展示販売などを行いつつ今に至る2016年よりmoga×一休さん人形を製作人気を博す。

​一休寺の仕事はとびた君。一休さんバージョン

kiitos

苺 

2015年から京田辺市で、有機肥料でいちごを育てる。品種は、甘みと酸味のバランスがよい「紅ほっぺ」、ビタミンCが多く含まれている「おいCベリー」、酸味が少なく優しい甘みの「やよいひめ」の3種類。キートスは、フィンランド語で「ありがとう」という意味。

キートス (11).jpg

​farmoon

雲水​

一休寺納豆のアンバサダーもつとめる料理人「船越雅代」のfarmoonが京都は銀閣寺近くに待望のOPEN。こちらはお昼のカフェ時にいただけるオリジナルお菓子。

雲閑 仮 (3).jpg

rusutique

マカロン

一休寺納豆を低温で丁寧にローストしそれをマカロンに入れ込んだ。​一休寺納豆がマカロンの甘さを引き立て、また味わいに深さをもたらした。コースの最後を彩るデザートとして人気。

マカロン.jpg

亀末廣

絹のしずく

一休寺の銘をもつ菓子は鶴屋吉信と亀末廣の2軒だが、亀末廣は一休寺以外に絹のしずくという一休寺納豆を使用した菓子がある。こちらは和三盆を活かした落雁。

​あっさりとした上品な口当たりに一休寺納豆がアクセントとなる。

mohan

風露香

線香。一休寺とmohanによるオリジナル。

​の香り。 風露香とは自らの修行の正師をそして一真実を真剣に求め、風をくらい野に露宿し、求道に命をかけ行脚する僧侶の姿にこそ、輝かしい人生行路の象徴を見るということ。

トミヤマ

柿渋石鹸

​柿渋は防臭、防水に優れているがトミヤマの柿渋(柿タンニン)を使用し、さらに漢方エキスを配合しイタリア産のオリーブオイルを使用。こだわりのコールドプロセス製法による高級化粧石鹸。

柿渋石鹸写真.jpg

alotta

ボード・ベンチ

『インテリアなストリートへ。』

無垢の木で作った、街乗り用クルージングスケートボードのブランド。ALOTTA.とは、 a lot of.. の短縮形であり、「たくさんの…」という意味。ALOTTA.とともに過ごす時間の中で、たくさんの人たちに、たくさんの特別なドラマが生まれるように。インテリアディスプレイとして様々な家具や雑貨等を提案。お寺の憩いの空間と時間を演出するベンチを手掛ける。

宮本我休

仏師

学生時代に服飾を学び、卒業後京都の仏像彫刻工房にて仏像の彩色を手掛けたことをきっかけに仏像彫刻の世界に入る。 9年間の修行の後、平成27年4月独立。 京都・西山に工房を構え「宮本工藝」を設立し、日々仏像・仏具、 その他木彫刻全般の研究、制作に励む。 学んだ服飾技術を活かし、リアリティのある衣文表現を得意とする。(京もの認定工芸士認定番号第128号)

horuzazen.PNG

金子農園

有機農法でつくった野菜

脱サラして草内で新規就農。

​有機農法でつくられた野菜はどれも優しい。安全で安心ということは同時にえぐみやきつさがなくとても美味しいということ。

スナップエンドウ (3).jpg
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now