虎丘庵特別拝観

虎丘庵は通常拝観を行っておりません。年数回、期間を設けて特別拝観を行っております。

今年度はまず二月の梅の時期に数日、行います。詳細は下記。

□虎丘庵特別拝観 

日時 二月(現在未定近く詳細発表いたします)

特別拝観料 千円(別途拝観料必要)

酬恩庵住職 田辺宗一による庭園解説と見学をふくむ20分間の拝観

虎丘庵は元、京都市内東山にあったものをこちらに移築したもので一休禅師が晩年を生活した庵です。晩年に知り合った森女と共に生活をした場所でもありました。虎丘庵は一休禅師を慕って訪れる村田珠光や金春禅竹など文化人が集う当時のサロンとして後世の日本の伝統芸能に多大な影響をあたえます。特に茶道においては村田珠光が一休禅師から禅、茶のこころを伝えられそこから武野紹鷗、千利休とそのこころは伝えられました。まさに茶道のルーツともいえるところであり、庭は村田珠光の作庭となります。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now